大型床下収納付きの新築住宅はフジヒサFJ

電話番号
おうちスッキリ!住まいの収納術

住まいの収納術.net

 > おうちスッキリ!住まいの収納術
現在の収納の不満点

一口に収納の不満点といっても、実際には様々な問題があるのですが、その中で圧倒的に多いのが「収納量」に対する不満です。

現在の新築住宅には、各部屋に一箇所以上のクローゼットが備え付けられていることが多いので、一見するとそれほど不足しているとは感じません。

多くの人は、いったいどういったことで収納量に不満をもっているのでしょうか?

余裕があれば主寝室には幅1.8mのクローゼットが2個ほしいですよね。
  • 間取りのプランニングにもよるので、実際にはなかなか難しいのですが、クローゼットについては可能な限り、横幅1.8mを確保したいところです。 主寝室などクローゼットに入れるものが多くなりそうな部屋には、横幅1.8mのクローゼットが2箇所必要になるケースが多いようです。 足りない場合は、洋服ダンスを置くことになってしまうので、設計段階からクローゼットをきちんと確保することが重要です。

    クローゼットの横幅が足りない。
  • 横幅とともに注意していただきたいのがクローゼットの奥行きです。 一般的には壁芯々で奥行き70cmというクローゼットが多いようですが、これでは洋服をかけることはできても、いざというときに布団を入れることができません。 和室の少ない今日では、布団を収納することを考慮して、奥行き90cmを確保していきたいところです。

    クローゼットの奥行きが足りない。
  • 扇風機やストーブに代表される季節物や、お雛様などのいわゆる行事物を、みなさんはどこにしまっていますか? 特定の時期にしか使わない季節物や、使用頻度の極端に少ない行事物は、意外にかさばるものが多く、収納スペースの一角を占領し続ける悩みの種なのです。 これらを上手に収納することができれば、想像以上におうちはスッキリするもの。 最初から収納場所を確保しておくようにしましょう。

    日ごろ使わないものを収納するスペースがない。
  • 取り入れたばかりの洗濯物や、買ってきたばかりの荷物など、家事に伴って発生する荷物を一時的に置くスペースがあれば、室内はいつもきれいなままです。 家事動線も踏まえて設計できれば、理想の住まいに近づけるのではないでしょうか。

    一時的にモノを置く場所がない。
  • せっかく、物入れやクローゼットを確保しても、使い勝手が悪ければ十分に活用することができません。 特に、変な位置に固定棚がついていたりすると、入れたくても入れられないものが出てくるので注意が必要です。 最初から可動棚にするなど、ちょっとした工夫が収納の悩みを解決することになるのです。

    物入れがあっても使い勝手が悪い。
可動棚にしておけば自由に高さを変えられるのでしまうものに悩まされません。
収納量を知ること

大抵の人は気に留めることなく、クローゼットにどんどん服をかけていくと思いますが、そもそもクローゼットは、どれくらいの洋服を入れることができるのでしょうか?

収納量を知ることは、後ほどご説明する収納計画を立てる上で非常に重要なポイントになってきます。
ここでは、クローゼットの収納量をきちんと計算してみましょう。

クローゼットの横幅は、90cm・180cm・270cmの3タイプがほとんどですが、これらの数字は設計上の壁芯の寸法です。
実際の有効寸法は、それぞれ約15cm(壁の厚み)を差し引いた、75cm・165cm・255cmになります。

ハンガーの厚みを約2cmとすると、有効寸法75cmのクローゼットでは約37.5着になりますが、若干の余裕をみて37.5着×70%=約26着が適当ではないでしょうか。
冬物はかさばりますので、更に余裕をみて50%で計算してください。

クローゼットのパイプハンガー吊り下げ数早見表は下記の通りです。

  900mm(有効750mm) 1800mm(有効1650mm) 2700mm(有効2550mm)
春夏秋 約26着 約58着 約90着
約19着 約41着 約63着

※ あくまでも理論値です。

かけた服の下やクローゼット上部の枕棚も有効なスペースです。
収納ボックスを活用するなど、効率的な収納計画を立てていきたいところです。

収納計画の手順

収納量の把握ができましたので、次は収納計画を考えてみましょう。

収納の基本は「不用品を処分すること」です。
と、言っても捨ててしまうということではないのでお間違えのないように。

処分するということは、自分が使いやすいように並べ替えること。 つまりは「整理整頓」であり、これに勝るものはありません。

必要、不必要、使用頻度が高い、低い。
みなさんは、これらをきちんと把握していますか?
これができていないと収納庫はいくらあっても足りません。
様々な荷物をその特徴に応じて、適切な場所に収めていく。これが最も大切なことなのです。

  • 整理整頓の基本
  • 1.荷物をすべて出す。2.要・不要を分ける。3.種類別に分ける。4.使用頻度で分ける。5.一旦元に戻す。6.収納グッズを探す
  • 不要なものは誰かに譲るか売ってしまうのも、地球にエコな考え方です。
竹の種類別で分けるとしたの空間が使いやすくなります。

もちろん収納する際にも、ルールを決めておくことがポイントです。
たとえば、クローゼットに吊るすハンガーの種類は統一しておきましょう。 これだけで、クローゼットの中に統一感が生まれ、雑然とした感じが消えていきます。
次に、吊るす洋服の丈をそろえてみましょう。
こうすることで、シャツ類、スーツ類、ロングコート類に洋服の種類がまとまり、吊るした洋服の下に空間が生まれます。

両端に普段あまり着ない服、真ん中にはよく着る服というようにゾーンに分けてしまうのも一つの方法です。
右利きの人であれば、服の正面を左に向けるだけでも服選びの際のイライラ感がなくなり、クローゼット内を必要以上に引っ掻き回すこともありません。

きちんとした収納計画を立てて、クローゼットの有効スペースをフル活用できれば、あなたのおうちも、きっとスッキリしたものになると思います。

それでは、新しいおうちの収納計画を存分にお楽しみください。